RX93のFXトレードで勝つためにひたすら統計的優位性を追求するブログ!

2008年夏からFXを始めたRX93が、FX自動売買や裁量トレードで統計的優位性を追求するブログ。儲けるために、統計的優位性だけを信じます(笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

相変わらず・・・

更新がぱったりですが、株式側は放置でも

かなり好調ではあります。


ただ、一時的なことである可能性も否めないので

調子に乗らないことだけを心掛けています。



FXはブローカー探しでいろいろ情報が出ていますが


なんだかとっても、逆風の気がしないでもありません。



しかも継続して勝てるエッジが、本当の意味で見つからないと


いつかあっという間にダメになってしまうのではないかとやや懐疑的です。




あと、1月はお陰さまで仕事が一杯、連日半徹夜みたいな生活でした。




個人的には、2011年は日経平均が現在レベルで前後してくれる程度で


十分です(笑)なぜなら、あと少し仕込まないといけないと思うからです。


基本、株数を増やしていくという戦略であることで、あまり価格が一方的に伸びる


のは望ましくなかったりします。




また、前からずっと書いていて、自分の投資における信念でもあるのですが


「未来は予測できない、だからこそ統計的に優位な手法以外使わない」


ということを淡々と、徹底していきたいと思っています。


なにせ、売買を継続して勝ち抜けるほど、勘も良くなけれなチャート分析の


神様でもありません。どちらかといえば、トレーダーとしてのメンタルは滅茶弱いです(泣)


FXで初心者裁量でやっていたときは、買ったら下がり、売ったら上がりを繰り返したアホですから・・・






ただ、FXを否定しているわけでは全然ないです。


なぜなら、勝てる人は(自分じゃないけど)確実にいると思うからです。



でも、それで自分が勝てる側にいるか、負ける側にいるかは冷静な判断が必要でしょう。


自分は勝てない側なんだ、と思うのは悲しいのですが、バックテストをしてみても


去年好調だった自作EAの優位性もかなり怪しくなっているようなので、


自分の実力は謙虚に受け止めるべきだと思っていたりします。





P.S 移動平均線の売買手法は、ちょっと盛り上がっている?みたいな気がします。
  実はEAでも、2005年から1時間足で今年まで無敗のEAなどあるみたいですね。
  但しのんびりしすぎていて、待ちきれないほどトレードが少ないのが難点です。



とりとめのない、酷い記事で本当にゴメンナサイ。。。。




スポンサーサイト
  1. 2011/02/15(火) 06:20:02|
  2. 優秀な人達から学ぶ
  3. | コメント:4

新しい年ですね!

既に新年2日目ですが、あけましておめでとうございます。



年末、いくつかの情報を見ていたのですが



個人的にはやはり投資は、



しっかりした原理原則を守る



ということが重要かなと思っています。




リーマンショック時の日経平均7千円台から、現在まで



インデックス自体が40%近く上昇しているわけですから



なにもしないでそこで購入しているだけで40%資産が増えている



ことになります。




実際の自分の成績は、+36%程度なのでジタバタしたわりには



それほどでもなかったことになります。




ただ、過去2年間でも売買方法によっては大幅なマイナスもあり得ますし



たまたまこの2年間が良かっただけの可能性もあります。





株であれば、FXであれ、成功に至る道は非常に細く


自分なりのしっかりした判断原則を持っていないと


すぐに崖から転落してしまうということは間違いなさそうです。







必要なことは、確実なルールに変更を加えないということですね。


それも気まぐれな理由で。




まあ、大儲けは狙えないトレード手法なのでのんびりと。



2011年が皆様にとって素敵な1年になりますように!!





  1. 2011/01/02(日) 22:30:40|
  2. 優秀な人達から学ぶ
  3. | コメント:0

レジーム・スイッチ論?

自分もよく理解しているわけではないのですが


少し前に、この世界で大変有名な方のブログと


EAラボラトリーさんの掲示板で読んだ記事が


以前から疑問に思っていたことを氷解させてくれた点があり


(来週になる前に)自分の感じたことをまとめておきます。







■EAをレースのクルマに例えると




運用するEAを、レースに出走するクルマに例えてみます。



有名なレースに「インディ500」がありますが、これは左回りの



オーバル(楕円形)コースを延々と走り、最高速度を競うレースですが



専用のインディ・マシンは左右のタイヤの直径が違います。




簡単に言えば、左回りのコースを高速で走るためだけに特化しているわけです。





別のレースでは、ドラッグレースのように短距離の直線をどちらが速いかだけ



純粋に競うものがあります。




この場合、加速力だけが必要で、コーナリング性能はほとんど必要ありません。






相場はレースの「コース種別」で



EAがそのレースに出走するクルマ、と考えて下さい。






例えば、インディ・カーは左回りのオーバルコースが延々と続く限り



その性能を最高レベルまで発揮できますが、



仮に、走行しているコースが急に、左回りではなく右回りのコースに



なったり、はたまた直線だけのコースになったりすると、



恐らく途端に壁に激突して、大破してしまうはずです。






別のパターンでは、直線だけを走るために作られたドラッグレース・カーでは



左右のカーブが続くWRCのようなコースは完走すること自体がほぼ不可能でしょう。





なにがいいたいか、といえば、EA=クルマである場合



専用に作られた自分が一番得意なコースを走っている限りは



その性能が高いレベルで発揮されるが、一旦コースの種類が



切り替わったのに、そのまま同じクルマで走り続けていれば



大事故に合う、ということになるというわけです。





例えば、ユーロ・ブラスターのような一定条件でどんどん勝つEAも



相場の曲がり角(コースの種類が切り替わった)では



超大型のドローダウン(壁に激突)してしまうわけです。






■では、どうすることが良いのか??






ここで、問題に対しては2つの道が用意されているようです。




1つ目の対策は、

  ○左回りの高速コース

  ○直線の短距離

  ○WRCのようなラリーコース


 等、ことなる条件のコース全てで、最高の性能を発揮するのではなく



 まずは大事故で大破することを避け、


 どのコースでも何とか完走することを目指す。 




という考え方。



この考え方を採用すると、結果どうなるかといえば





どんなコースでも、遅い(成績が大したことがない)



亀のようなクルマが出来上がる、ことになります。






どのようなコースでも、なんとか完走できるということは



ウラを返せば、どのコースも全部苦手だということになるからです。



(つまり、得意なコースがひとつもない)





実は、ライトセイバーやアソーカEAは、このような考え方で



組み立てているEAなので、結果として



どの状況下でも、極めて遅いのろのろクルマ




ということになります。



実際、他の優秀なEAに比較して、極めてトレード数が少なく



そのため資金効率が悪い、ということになってしまっているわけです。




自分のEAのレベルが低い、といつも書いているのは、このノロマな亀である




ことを自分なりに理解してのことです。





■では、他の対策はあるのか?





実は、以前少し書いた、前に大変お世話になった仙人のような



EA使いの方が「今の状況下で勝てるEAであればそれで良い」と



いうことを言っていたのですが、当時は意味がよくわかりませんでした。





なぜなら、相場が切り替わったら、とたんに負けてしまうEAを



あえてどう使いこなすのか?ということが疑問だったからです。





しかし、レジーム・スイッチ論(ミニレジーム?)は、



亀のようにノロマなクルマを否定しており、



より高速で効率よく資金を増加させるシステムトレードとするために



コースの種類を判別して、そのコースで最高の性能を発揮するEAのみを走らせる






というまったく別の方向性(解決策)を発見している人たちのやっていることです。






これであれば、インディ500にカローラで出走する、などという馬鹿げたことを



行わずに済み、オーバルコースで時速300キロを越えるスピードを出せる(高い資金効率)



ことになる、というわけです。





コースが切り替わり、左回りのオーバルから直線になったときには



ドラックレーサーが登場し、WRCのラリーコースになったときは



4WDのオフロード高速マシンで走ればよい、ということです。






レジームを判定して、それに適するマシンだけを走るように運用する。




これはある意味で、システムトレードの効率を根本から違うレベルに




引き上げることになります。






この理論をきちんと理解して使いこなしている方が



いらっしゃるのは凄いことですが、



理屈は理解できても、自分にはどうそのレジームを判定するのか



まったく見えていません(笑)




その意味で、この先は深すぎて理解できないか



少なくとも今から試行錯誤すると、長い時間がかかりすぎると



判断しています。





自分の頭で理解できるのは、このくらいではないかと。






この理論を考えると、前者の志向に近い形であるライトセイバーと



アソーカEAが、どうしてこれほどトレードしないのかもご理解頂ける



のではないかと思います。





ある意味で、EAのカローラ、という風に考えてもいいのかもしれません。




ただ、このEAの場合、特定の相場ではガンガン走る300キロカーの活躍を




長い時間指をくわえてみているだけ、という我慢が延々と続く、ということになります。





ドラックレースに、カローラで参戦すれば、どういうことになるか



わかりますよね?  順位(資金効率)は間違いなく最下位ですよ。






カローラが作れることは、あらゆる意味で出発点ではありますが



到達点ではまったくない、ということですね。






小難しい話のように思いますが



今の自分には全然見えない高いレベルの世界が、ずっと先にあるのでしょう。





これで、あと2ヶ月はトレード結果だけを記事にするルールを発動します。










  1. 2010/05/29(土) 20:10:10|
  2. 優秀な人達から学ぶ
  3. | コメント:0

そういえば、

全然関係ないですが、去年かなり


参考にさせて頂いたブログの管理人さんが、


今年からまた記事を書いていたのを発見して、懐かしいなと笑。





その方は、アフィリと商用詐欺EAにはかなり辛口なんですが


本当に儲かるEAが完成したら、普通は製作者は売らないでしょ?


という指摘はその通りかもしれないですね。




宣伝がど派手なのは、大抵詐欺ですね。


そんなに簡単に爆益EAが次々出てくるわけがないです。






もうひとつ、なるほどと思ったのは「指標を避けて運用する」ことについて。



実際のところ、指標は大きな変動をするチャートを「予告」してくれている



こともありますが、特に指標発表がなくても同じような変動は「ニュースや政治」



で起こりうるわけで、これは厳しい言い方だけど「指標を避ける運用」自体が邪道



なんですよね、本来は。




ただ、そこをなんとか出来ないEAが多いので、指標を統計的に洗い出して



避ける運用をするのですけど。


(但しやらないより重要指標は避けたほうが絶対良い)





ライトセイバーはたまたま1月からずっと連勝していますが、これは



単にチャートの状態が、EAが勝てる波形で続いているからに過ぎないです。



チャートの形状が許容範囲を超えれば、当然負けます。





勝率は92~97%程度、これは期間によります。



しかし、負けないチャートが続けば、淡々と勝ち続けてくれます。



勝率92%なら、100戦すれば必ず8回は負けるか、といえばそんなことはないので。




100連勝したいですけどね、笑。




あと、巷にEAは溢れていますが、勝てるEAはほんとうにごくわずかですよ、多分。



その中で、リアル運用できるだけの安定度となると、さらに少ないです。





EAは複数本当はあったほうがいいと思います。


相場の状況は違うので。




ライトセイバーと同じ安定度のEAがあと一つか2つあれば、


Megaは稼動しません。




Megaは負け方が派手な上に、自分が動きを完全に理解していないからです。







連休明けの仕事の準備をしていたら、ブログを書いてしまった笑。
(アホですね・・・)




今週も皆さんのトレードが大いに儲かりますように!!!





  1. 2010/03/23(火) 04:20:00|
  2. 優秀な人達から学ぶ
  3. | コメント:0

四方山話:不動産について

FXとは関係ないのですが


不動産投資についてちょっと思ったことを。




家でも、マンションでも数年前に買ったものは


現在では約半分の値段しかありません。(新築)





これは月々のローンを返済できている人は


現物をまだ持っているので、その大きな損失を実感できないのですが


一旦ローン返済できなくなり、売却を迫られた場合は




例えば6,000万円で買った家が、3000万円で売れた場合


売却金額をすべてローン返済に充てても、


差額で数千万円の借金が残るわけです。





売却しない人も、ほぼ同じです。


市場価値が50%も減少していながら、そのローン全額には


確実に金利支払いが加算されていく。




恐ろしいと思いませんか?





また、最近でも地方都市で投資用に土地を持っている老人へ


アパート、マンションによる不動産活用を勧める建設会社が


沢山ありますが、この不動産も建築物件の全体額の50%~30%は


実は不動産会社の純粋な利益です。




つまり、8,000万円のアパートを”投資”だと思って建てる時に


既に4,000万円を損しているわけです。




それで、人口減少時代に空室リスクに怯えなければいけない。




しかも、営業には独居老人にいかにも好かれそうな、孫のような


雰囲気をもつ若者を使うのだそうです。






お金に関しては、知識と良識、正確な判断力が不可欠ですよね。




不動産に関しては、一見トレードと違うように見えますが、


新築、あるいは投資用アパートなどを「トレード」していると


想定することも出来るわけです。




リスクゼロは、売り抜けた不動産会社、そしてローンを貸した銀行。


最初から負け組確定なのは、価値が減少する家や投資用アパートを


超がつく高値で買ってしまった人。






買った側はリスクまる抱え、売った側とお金を貸した側は高笑い。



購入した瞬間に、資産マイナス数千万円也。



これがサラリーマンなら、一生の貯金分がすべて吹き飛ぶインパクトです。






こんな馬鹿なトレードが在りますか???





それでも、そういった「敗者確定のゲーム」に参加する人が


後を絶たないわけですが。





馬鹿げた敗者のゲームにだけは巻き込まれない。


自分も馬鹿ですが、出来る限り正しいことを学び、良い判断力を付けたいと


強く思います。FXと関係なくてスミマセン・・・。
  1. 2010/02/22(月) 00:19:10|
  2. 優秀な人達から学ぶ
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

RX93Hiro

Author:RX93Hiro
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ストレス発散のためにトレードすると 絶対に爆死する (3)
FX裁量のトレード報告 (3)
FX「ファントムトレーダー」報告 (3)
FX自動売買成績 (270)
フリーEAでどこまで高く飛べるか? (2)
運用中のシステム紹介 (6)
過去のトレード経緯 (0)
意識している情報 (22)
専業と兼業について (1)
自分が世界一バカだと確信した日 (28)
FXはつまらなく感じるべき (6)
優秀な人達から学ぶ (16)
いつも未完成! (99)
自分もいつでも危険!! (41)
このブログを一度でも訪問して下さった全員の方が大いに儲かりますように! (1)
自分の現在の目標 (3)
FXトレードは超長距離のマラソン (0)
トレード・投資関連おススメ本! (9)
真の投資家はパーティーに間に合わなくても悩まない (1)
真の規律とは? (1)

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。